寿地区住民をはじめ市民の皆様の「健康づくり」「生きがいづくり」「社会参加と交流」を推進します

当協会は、昭和49年設立以来、寿地区と住民に寄り添い、寿町総合労働福祉会館(現在のセンターの前身)・寿生活館の管理運営だけでなく、様々な事業を実施してきました。
診療所や公衆浴場の運営、健康づくりその他各種講座・催し物の開催、就労支援事業の受託実施、地域文化の発信・広報活動や地域行事の推進、住民と地域を支えるネットワークの構築や民間活動の支援など、地域の医療・保健・福祉・交流の推進役となってきました。 そして、2019年6月からは横浜市寿町健康福祉交流センターの指定管理者として、新たな一歩を踏み出しました。
福利厚生施設の管理・運営
・横浜市寿町健康福祉交流センター ・一般公衆浴場「翁湯」 ・横浜市寿生活館
寿地区の住民等への保健・医療の提供
・横浜市寿町健康福祉交流センター診療所 ・健康コーディネート室 ・精神科デイケア「なごみの里」
地域福祉に関する事業
・自己啓発講座・スマイル事業などの自主企画事業の推進 ・センターまつり、ことぶき作品展などの地域文化の推進 ・地域と協力してことぶき福祉まつりを開催
社会参加・就労支援に関する事業
・仕事チャレンジアシスト事業 (横浜市中区役所より受託) ・寿いきいきライフ事業 (横浜市中区役所より受託) ・寿障害者作業所等交流会事業の推進
地域・行政との協働事業
・ことぶき花いっぱい運動の推進で不法投棄を防止 ・四季の行事や寿大賀詞交歓会など地域行事の推進 ・ことぶきゆめ会議や寿プラザ地区地域防災拠点運営委員会活動の推進

センター・診療所・寿生活館は、地域のシンボルであり、住民・市民の諸活動の拠点です。

MENU