成人用肺炎球菌球ワクチン予防接種のご案内※対象者は無料で接種できます※

寿町勤労者福祉協会診療所では、平成29年度の、成人用肺炎球菌球ワクチン予防接種が7月1日より実施されています。


※対象年齢の方には、予診票が横浜市から送付されます。郵送物のお見逃しにご注意ください

*************************************************************

横浜市では、対象者の方に接種費用の助成を行っています。
また、次のいずれかに該当する方は、所定の書類をご用意いただくことにより、無料で接種を受けることができます。

  • ・ご本人を含む同じ世帯にいる方全員が市民税非課税の方
  • ・生活保護を受けている方(生活扶助基準の見直しにより保護廃止となった方を含む)
  • ・中国残留邦人等の方で、支援給付を受けている方

*************************************************************

対 象 者
横浜市内に住民登録があり、過去に一度も23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがなく、次のいずれかに該当する方

1. 【平成26~30年度】各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
※平成26年度のみ101歳以上となる方も対象

  【平成31年度以降】65歳の方

2. 接種日現在で60歳以上65歳未満の方で、
  心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方

 

実施期間(予定)
平成29年7月1日~平成30年3月31日(休診日を除く)

接種に必要なもの
1. 予診票

2. 住所・氏名・年齢を確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)

※対象年齢の方には、予診票が横浜市から送付されます。対象となる方のうち、上記対象者2に該当する障害のある方及び市外からの転入等により、予診票のない方については、お住まいの区役所健康づくり係で予診票を発行します。
※60歳以上65歳未満の方は、身体障害者手帳や診断書など、障害の程度を確認できる書類もお持ちください。

接種費用
3,000円(免除対象の方は書類をご用意ください)

 

※接種費用が免除(無料)となる方の必要書類

非課税世帯の方   「介護保険料額決定通知書」のコピー
  「介護保険料額通知書」のコピー
  「介護保険負担限度額認定証」のコピー
  「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」のコピー
生活保護の方  ・ 「休日・夜間等診療依頼証」のコピー
 ・「生活保護費支給証」のコピー
 「生活保護受給証明書」(原本に限る。)
 ・ 「保護廃止証明書」のコピー(生活扶助基準の見直しにより保護廃止となった方)

中国残留邦人等の方で

支援給付を受けている方

 「本人確認証」のコピー

(注意)平成29年度の書類をご用意ください

肺炎球菌感染症とは
肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。
この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では、鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎・肺炎・敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。
 

一般の方の各種予防接種も受付けています。

お気軽に、診療所までお問合せください。

 


〇問合せ先〇

寿町勤労者福祉協会診療所
電話番号: 045-641-1278
メール:kotobuki.sinryo@yokohama-kotobuki.or.jp

 

 

最新のコトブキNEWS

一覧を見る

最新のコトブキQ&A

一覧を見る